オススメアイテム

スキー歴20年で辿り着いた3つのおすすめ防寒ポイントを徹底解説!

冬のスキー場は
昼間でも氷点下なんて当たり前。

そんな中、
凍えることなく快適に
スイスイと滑るスキーヤーたち。

みんな、ジャケットやパンツは
どうやって選んでいるのでしょうか?

 

私が子どもの頃や学生の時は
上下セットのスキーウエアを
当たり前のように揃えていました。

 

でも今は違うんです!
もっと自由に選んでいます。

ではその自由とは何か?

 

その疑問にお答えするために、
スキー歴20年以上の私が辿り着いた
ベストな「スキーの服装」を、
ハイテクな「防寒グッズ」を交えて
ご紹介していきます。


そろそろ本格的に装備を揃えていきたい!

と思っているあなた。

スキー場に行ってから困らないように、
どんな寒い状況にも対応できる
着こなしや寒さ対策を学んでくださいね。

ジャケットは防水・防風性のあるものを選ぶべし!

スキーをするときは、
スキーウエアを着るものだと
思っていませんか?

スキーウエアのジャケットって
ちょっとデザインが派手
モコモコしていて、
普段にはとても着られませんよね。

そこでおすすめなのは、
タウンでも普段使いできる
アウトドア用のジャケットです。

 

「モンベル」や「好日山荘」、
「石井スポーツ」など、
大手のアウトドアショップにあります。

ポイントは「防水透湿性」

①外側から防水や防風をしつつ、
②汗で生じる内側の蒸気を外に逃す、

という、
汗をかく冬のスポーツウエアに
必須の機能です。

スキーは寒い環境で滑るけれど、
運動するので体は暑くなりますよね。
これを調整してくれるのが、
「防水透湿性」なんです。

 

ひと昔前はGORE-TEXという
アメリカのメーカーが開発した
素材のものが定番でした。

でも今では、
各メーカーが独自に開発し、
防水透湿性素材にも
選択の幅が広がっています。

ちょっと値は張りますが、
スキーや登山、タウンでも使えるなら、
高くはないのではないでしょうか。

ちなみに私は、
フランスのブランド「ミレー」の
防水透湿ジャケットを愛用しています。

防水透湿ジャケット TYPHON 50000 WARM ST JK(ティフォン ウォーム)

出典:wowma.jp

でも、スキーウエアと違って、
中綿も入っていないし、
なんだか薄っぺらいなあ。。。

と感じたあなた。

正解です。

これはアウターだけの話。
これから、その内側に着る
登山にも使える「レイヤード術」
説明していきますね。

レイヤード術の基本は3層から成る!


アウトドアの着こなしの基本は、
レイヤード(重ね着)スタイル。
アウトドアショップの店員さんが
よく説明してくれるお話です。

日本屈指のアウトドアブランド「モンベル」でも
レイヤリングシステムをベースに、
商品を揃えています。

出典:montbell.jp

では、肌に一番近い内側から
紹介していきますね。

1.ベースレイヤー:ウール素材の長そでのTシャツ

まずは、ベースレイヤーとして
揃えて欲しいのは、

ウール素材の長そでのTシャツ。

です。

ここでのポイントは
素材が「メリノウール」であること。

「メリノウール」は
ウールの中でも最高級と言われる
メリノ種の羊の毛のこと。

繊維が特に細くて柔らかいため、
特に保温性が高く肌触りがよく、
抗菌防臭効果があります。

そして、吸湿性が高いため、
汗を素早く吸収してくれます。

 

速乾性はありませんが、
メリノウールの優れた吸湿性で
繊維に汗を閉じ込めるので、
汗冷えすることはありません。

 

厚みが2種類あるので、
天候や場所に合わせて
使い分けるのもいいでしょう。

メリノウール製品の厚さは、
「120」から「260」と、
1m²あたりの重量で表されています。

「150」が普通、「200」が中厚と考え、
好みの厚さを選んでみてください。

また、寒がりの人は
ハイネックのものもあるので、
好みで選んでみてください。

2.ミドルレイヤー:保温性があるフリース

そして、ミドルレイヤーとして
準備したいのは、
保温性があるフリースです。

温度調整ができるように、
前が開け閉めできるタイプ
選びましょう。

 

フリースも、
厚手のもの、薄手のものと、
いろいろな厚さのものがあるので、
ベースレイヤーとの組み合わせで、
好みのタイプを選びましょう。

 

一気に揃えられないという人や、
比較的暖かい春スキーの場合は、

普通のウールのセーター
ネルシャツ+パーカーなどで、
置き換えてもいいでしょう。

3.アウターレイヤー:防水透湿性のジャケット

そして最後に、
アウターレイヤーとして、

さきほどご説明した
防水透湿性のジャケットを着れば、
上半身は完璧です。

ちなみに、
アウトドアショップの店員さんは
レイヤリングの知識が豊富。

何を変えばいいか分からなければ
相談してみるといいでしょう。
予算も考慮しながら
いろいろ提案してくれるはずです。

パンツとアンダーウエアのポイントは?


これまで、

「スキーウエアは普段使いができず
おすすめできない」

と言ってきましたが、パンツは別。
迷わずスキーウエアを選びましょう。

スキー用というだけあって、
衝撃を和らげる中綿が入っていたり、
腰や足の裾から雪が入らないように、
パウダーガードがついていたりと、
便利な機能が盛りだくさん!

これは利用しない手はないですね。

スキーウエアはデザイン性があるので、
上着の色とコーディネイトできるものを
選ぶといいでしょう。

 

スキー用のパンツは、
それだけで保温性がありますが、
内側にスパッツを履くと
さらに暖かくおすすめです。

スパッツもやはり、
メリノウールがおすすめです。

そして靴下も、
スキー用のソックスがベスト。

少し厚みがあるウール製のもので、
足先が冷えきることもなくなり、
靴のフィット感も調整できます。

1500円~3000円の中で、
いろいろ揃っていますが、
ポイントは、その長さ。

足と靴との摩擦を防ぐために、
絶対にとは言いませんが、
長めのタイプがおすすめです。

手袋もスキー用のものを買いましょう。
寒がりの人にオススメなのが、
インナーグローブの追加です。

保温性の高い薄い手袋をして、
スキー用手袋を重ねることで、
暖かさをよりキープできます。

暖かさの全ての仕組みは、
レイヤリング(重ね着)なんですね。

まとめ

  1. ジャケットは防水・防風性のあるものを選ぶ!
  2. レイヤード術の基本は3層から成る!
  3. パンツとアンダーウエアのポイントは?

スキーの時の服装。

寒くないように、
めちゃくちゃ着込めばいい、
という訳ではありません。

今のスキーウエアは、
アウトドアウエアの技術の進歩で
成り立っています。

 

スキー場は、寒い日もあれば、
季節外れに暑い日もあります。

また、標高が高いため、
太陽が出ているときはぽかぽかでも、
夕方になると一気に寒くなります。

そして、
滑って血行がよくなると暑くなり、
リフトに乗っているときは
凍えそうに寒かったりします。

なので、
重ね着=レイヤリングをして、
上手に体温調節をしてください。

寒さの程度によっては
インナーの厚さを変えたり、
脱ぎ着する工夫も必要かも。

 

快適な服装でいられたら、
スキーが思い切り楽しめますよね。

そのために万全の防寒対策の
事前準備をしておいてくださいね。