学術

ライターの収入っていくら!?気になる収入から収入の3つの増やし方!

未経験だけどライターの仕事をしてみたい!!

 

副業が当たり前になった今
こう考えている人が多くいます。

また、ライターは
主婦や主夫の仕事としても
人気が出始めてきました。

 

在宅で仕事が出来て
しかも好きな時間に出来るのが
一番の魅力ですよね。

 

そんな私も結婚を機に
ライターを始めてみたい!
と思ったクチ。

ライターを志してから
まだ1年も経っていなくて
まだまだ手探りしながら
書いたりしています。

ですが、
いつか主婦ライターとして
バリバリ書いていきたい!
という夢だけは立派なひよっこライターです。

 

そんな私の紹介はさておき。

私のように

未経験だけど
ライターに興味がある!

副業するのに
ライターって道を考えてるけど
収入はどの位になるの?

 

という仕事をするのに欠かせない

【収入】

の話をしていきたいと思います!

 

ライターという道に
一歩踏み出す勇気が出せる
お手伝いができれば…と思っています。

フリーランスライターに向いているのはどんな人?

どこにも所属しない、
いわゆるフリーランスのライターには
どんな人が向いているのでしょうか?

 

どの職業にも適正があるものです。
もちろんライターにも。

 

適正なんてなくっても
仕事と思えば何だってできるでしょ?

と思う人もいるかも知れません。

 

でも適正って
仕事をする上で
大切だと思っています。

その仕事の適性がある=向いている仕事

という事で

その仕事はあなたにとって
難なくこなせますよ~

他の人より楽に出来ますよ~

ということだと思うのです。

 

どうせ仕事をするんだったら
自分に向いている、
難なくこなせる方がいいですよね!?

 

という事でライターとしての
適性があるかどうかみてみましょう。

文章書くのが好きな人

まずこれが好きじゃなきゃ

“ライターとして
やっていけないのではないか?”

と思います。

 

私は小さいころから
日記を書くのが好きで、
書き始めて13年位になります。

また思春期真っただ中の時は
小説を書くのも好きで
よく書いていました。

 

こんな私を例に

「何かしらの文章を書くのが好き!」

「書くことが得意!」

という人は
ライターとしての適性がある、と思って良さそうです。

文章読む事が好きな人

書くだけじゃなく
読むことも好きだと
ライターとしてめちゃくちゃ適性がある!
といっても過言じゃないと思います。

 

「ライターって書くのが仕事じゃん?」

と思うかも知れません。

ですが、
元から文章を読むのが好きだと
良い文章を吸収出来るんです。

 

自分だけの力で書いた文章だと

「どこにでもある文章だな…」

となっても

普段から文章を読むのが好きだと
ぐっと自信がある良い文章になるんです!

人を引き付ける事が出来る
文章が書けるんです!

文章力が上がるんです!

 

なので元々文章を読む事が好きな人って
それだけでライターに向いていると思います。

分からない事調べるのが好きな人

ライターというのは
調べる事が大半…な気がします。

 

私も記事を書いてみて思いますが
まず自分が書きたいものの事を
よく知らないと記事って書けません

本当に進まないんです。
時間だけがいたずらに流れていくだけ…。

 

でもよーく調べた後って
記事が書きやすいです。

言いたい事が文章として
すんなり頭に流れてきますし、
タイピングもすいすい進みます。

すらすら書け過ぎて

脳内からドーパミンが出てる!

とさえ感じる時があります。

 

また分からない事を調べてから書くのって
それだけ記事の質が良くなる
という事にも繋がると思うんです。

逆に調べないで
ただ書くのが好きなだけだと
中身のない記事になってしまうと思うのです。

 

やっぱりライターとして
やっていくのなら
少しでも中身のある良い記事を
書きたいものですよね。

なので
調べる事が好き!
得意!
よくやってる!
という人はライターに向いていると思います。

ライターの気になる収入は?

さて、自分はライターに向いていると思ったみなさん。

ここからが一番
知りたい事なのではないでしょうか?

そう、収入です。

 

この記事を読んでいる皆さんは

フリーランスとしてライターを始めてみたい!

と思っていると思うので
あくまで
フリーランスライターとしての収入
紹介していきますね。

ライターの平均的な収入

未経験ライターの収入の大半は…

 

  • 200万未満が多い
  • その次に200万から400万が多い

 

えぇぇぇぇ!?
なんか思ったより少なくない!?

 

と思った人もいるのでしょう。

 

まぁ中には
500万700万みたいな人も
いるらしいのですが…。

それは経験を積んだ人
収入なんですね。

未経験で始めたライターだと
この位が平均らしいです。

 

日本のサラリーマンの平均的な年収って
420万位と言われているので、
ライターの収入だけ見ると
やっぱり少なく感じてしまいます。

 

ですが!
ライターはサラリーマンと違う点があります。

それは、

稼働時間が少ない事!

 

稼働時間が少ないという事は
時給に変えてみると案外少なくない
という結果になるんです。

 

隙間時間ちょっとした時間でも
稼げるのが
ライターの良いポイントですよね!

 

私もライターをやってみたい!
と思ったきっかけの1つに
この稼働時間が少ないから
があるんです。

 

私は今、子供が居ません。

ですが、子供がいたら
外で働いた時に困るよなぁ…
と思う事がありまして。

 

そう、もし子供が風邪を引いて
学校を休む事になったら?です。

そこで考えついたのが

「ライターを仕事にしていたら
例え子供が学校を休んでも
仕事ができるんじゃない!?」

でした。

 

なのでこの稼働時間が少ない
ライターを目指してみよう!
と思ったわけです。

 

意外とこういう風に思っている主婦の人も
多いのではないでしょうか?

なんで収入が少なくなってしまうの?

とはいえ

ライターを始めたい!

と考えてる人にとって

収入は少ないよ!

と突き放すように言ったままでは
良くないと思うので、補足です。

 

どうして収入が
少なくなってしまうのか?

 

フリーランスでライターを
始めようとする人は大体こうだと思うんです。

クラウドソーシングに登録

実績を積んでく

 

かくいう私もそうだったんですよ。

必死になって
自分のプロフィールや自己アピール欄を
書いた記憶があります。

 

で、クラウドソーシングに登録して
分かった事があるんです。

それは、ライターの仕事を見つけると
文字単価0.1円の募集が多いんですね。

文字単価1.2円や2.0円のものって
経験者のみ、の所が大半だなぁと感じます。

 

記事を書いてもらう側になって考えてみると
納得しやすいと思います。

 

ライターに記事を書いてもらいたい!
と考える企業が
多くのお金を出してまで書いてほしいのって
やっぱり未経験の人より
経験を積んである人の方が良いですよね。

 

なので未経験ライターや
始めたばかりのライターは
収入が低くなってしまう
という事になるのです。

ライターが収入を増やすには?

未経験で始めるライターが収入が少ない
という事は分かりましたね。

じゃあこの低い収入増やすには
どうしたらいいのか?です。

 

これはひよっこライターの私も
すっごく気になります!

皆さんと同じく
未経験だったライターの身。

なのでぜひとも知りたいです。

専門分野がある/得意分野を見つける

クラウドソーシングを見ていると
文字単価が高いのって
ライター自身が経験積んでいるか否かの他に
もうひとつあります。

 

それは、専門に特化した記事です。

例えば医療関係の人
金融関係に詳しい人、です。

 

記事を読む人として考えたら
より専門的な知識を持っている人が書いた記事
の方が読みたくなりますよね?

 

なので仕事を依頼してくる人も
そりゃあ専門的な知識がある人の方が良い
と考えますよね。

 

なので
自分が書ける専門的な事があるライターだと
未経験でもすぐに収入を増やせると思います。

 

また、専門的な知識…
とまではいかなくても
何か得意なことがあるライターは
それに特化した記事が書ければ収入がアップします。

 

得意なものこそ上手くなれ、ですね!

分かりやすい文章を書く

人に読んでもらうのには
人に好かれる様な文章を書くのが
大事だと私は思います。

 

そして人に好かれる様な文章って
読みやすい文章だと思うんです。

 

このような読みやすい文章を心がけて書くのって
未経験ライターでも
経験をたくさん積んだライターでも
大切なことです。

 

小難しい記事を
小難しく書いても
よく内容が伝わらないと思うんです。

ちょっと工夫して
読みやすい文章に変えて書くだけで
読む人からすると

何かこの人の言ってること分かりやすい!

となります。

 

そして読みやすい文章を心がけると
結果的に
仕事が舞い込んできやすくなる
と思うんです。

クライアントが
またこの人に仕事を依頼しよう
と思ってくれるわけです。

 

読みやすい文章を心かける、
これなら未経験の人でも
簡単にできそうですよね♪

堅実に実績を積む

堅実に実績を積む
なんていうと
堅苦しい書き方になってしまいますが…。

 

この2点を磨きあげると
収入を増やす事に繋がるのです。

 

その2点というのは…

  • 書くスピードを上げる
  • 文字単価が少ない仕事でもたくさんこなして経験を積む

 

書くスピードを上げると何が良いかって
それだけたくさんの仕事を
こなす事が出来るんです!

 

例え文字単価が少ない記事だとしても
1週間に1記事しか書けない人
3記事書ける人じゃ
収入が違います!

 

と、偉そうな事を言ってる私は
全くと言っていいほど
遅いんですけどね…。

 

また先ほど

未経験ライターは収入が少ない

と書きましたが。

 

これって逆に言うと、
経験をたくさん積んだライターになれば

収入が増える!

という事になります。

 

なので

どうしたら収入が増えるの~!!

と悩む位なら
書いて書いて書きまくった方が
経験が積めて収入アップが見込めるんです。

まとめ

ライターに向いているのはどんな人?

  • 文章書くのが好きな人
  • 文章読む事が好きな人
  • 分からない事調べるのが好きな人

ライターの気になる収入は?

  • 未経験ライターだと200万未満が多い
  • その次に200万から400万が多い
  • 文字単価が低いから収入も少なくなる

収入を増やすには?

  • 専門分野がある/得意分野を見つける

専門的な知識や得意分野があれば
文字単価がアップする

  • 分かりやすい文章を書く

読みやすい文章を心がけると
結果的に仕事が舞い込んでくる事に繋がる

  • 堅実に実績を積む

書くスピードを上げると数がこなせる

文字単価が少ない仕事でも
たくさんこなして
経験を積むのが大事

ライターは収入だけをみると
思ったより少なくてがっかり
してしまったと思います。

ですが、
収入をどうしたら増やせるか?
考えて行動すると
収入がアップしていきます。

また経験をどんどん積んでいく事で
収入がアップしていきます。

記事を書いて書いて書きまっくって
仕事が舞い込んでくる
ライターを目指しましょう!!