オススメアイテム

スキー上達への近道は?初心者でも即プロに!3つの練習のコツを押さえよ

スキーが上手に滑れるようになりたい!

仲間でスキーに行く話が出たけど、
みんな経験者で焦っている。

大好きな彼女とのスキー旅行で、
カッコ悪いところは見せられない。

スキー歴がかれこれ3年なのに、
一向に上達する気配がない。。。

スキーの上達を願う人の思いは
切実です。

 

私の場合、
スキーに縁遠い京都人にも関わらず
冬休みはいつも姉と一緒に、
父から教わっていました。

地元の公立高校の修学旅行は
なぜか長野のスキー研修でした。

その際、経験者ということで、
板を履いたまま松明を持ち、
夜のゲレンデを滑らされました。

「経験者やからってこき使いすぎ!」

って思いながら滑っていました。
せっかくの修学旅行、
仲良しグループで行動したかった…

とまあ、
私の悲しい思い出はさておき、

そんなスキー超経験者ともいえる私が、
スキー初心者が上達するコツを
3つお伝えしていこうと思います。

とにかく雪質のいいスキー場を選ぶ

今まで滋賀県や長野県、新潟県など
いろんなスキー場で滑ってきましたが、
雪質がいいスキー場だと、
スムーズに滑れるような気がします。

勝手に板がスーーーッと進む
という感じでしょうか?

 

では、いい雪質とは何か?
それはパウダースノーです。
つまり、水分をあまり含まない
雪上をコロコロ転がる雪のこと。

 

あまり大きな声では言えませんが、
日本海側の雪は水分を多く含み、
標高が低い新潟県のスキー場では、
ベタ雪のところもあるそうです。

ベタ雪はたとえて言うなら
シャーベット状の雪のようなもの。
滑ろうとすると少しブレーキがかかり
転んだらじっとり濡れてしまいます。

 

なので、私のイチオシは長野県。
広さとバリエーションを求めるなら
志賀高原野沢温泉がおすすめです。

18エリアの多彩なコースがある「志賀高原スキー場」

出典:skiguidejapan.com

 

ゴンドラで一気に頂上まで行ける「野沢温泉スキー場」

出典:nozawaski.com

 

こじんまり派なら、
斑尾高原戸隠をおすすめします。

極上のパウダースノーが楽しめる「斑尾高原スキー場」

出典:roadplan.net

 

二つの山麓にまたがり開放感のある「戸隠スキー場」

出典:楽天トラベル

 

そして、滑るスキー場は、
“ここ”と決めたら変えないこと。
さらにコースや坂も
お気に入りを決めましょう。

コースが頭に入ったゲレンデだと、
心に余裕が生まれて
練習に集中することができます。

言うなれば、
自分のホームグラウンド
してしまうのです。

 

あとは、難しいかもしれませんが、
なるべく1シーズンで頻繁に行くこと
上達への近道です。

スキーは雪のある季節のスポーツです。
しかもいい雪質で滑れるのは
12月~2月と言われています。

限られた期間で滑る回数を重ね、
来シーズンまで忘れないように、
体に覚え込ませておきたいものです。

スキーが上手くなりたいという熱意を持つ

義理の兄が30歳を過ぎてから
スキーに目覚めました。
超スキー経験者の私と姉からすると、

「へー。こんな風に上手くなっていくんだ」

という興味の対象となっています。

 

たとえば、
最新機能の装備をそろえたり、
スキー雑誌でフォームの研究をしたり、
何の恥じらいもなく子どもに混じって
スキースクールに入ったり…

とにかく超やる気なのです!

 

私や姉は、小さい頃に体で覚えて
こういう努力を全くしなかったので、
なんというか見ていて眩しい!

自由時間に一緒に滑るときには、
ちゃっかり私たちを利用して、
滑る様子をジーッとガン見して
フォームをマネしてきたりします。

そして、きわめつけは
ヘルメットの先にカメラをつけて
常に動画を撮っていること。

たまに、自分の滑っている姿を
姉に撮ってもらっています。
家でフォームをチェックして
反省会でもするのですかね。

ここまでくると、もう脱帽です。

 

ちなみにこのカメラ、
スキーヤーやダイバーに人気の
GoProというアクションカメラです。

出典:Amazon

もちろん防水で転んでも安心。

スキー場で周りを見渡すと、
結構カメラをつけている人がいました。

やる気を出すために
買うのも一つの手かもです。

「何かを会得するための努力っていいな」
と、少しうらやましく感じました。

 

上達したいという強い思いがあれば、
こうした行動力につながる、

そして
「できないことが少しずつできていく」
という喜びが連鎖していく、

ということを彼を見て学びました。

スキースクールでプロからレッスンを受ける

初めてのスポーツって
何でもそうだと思うのですが、
最初が肝心ですよね。

独学で変なくせがついたら、
それを直すことに
尽力しなくてはいけなくなります。

そんなことになったら、
無駄な時間や手間がかかり、
嫌になってしまいますよね。

そうならないためにも、
「形から入る」ことをおすすめします。

パウダースノーを滑る
高機能の装備をそろえる
上手い人のフォームを真似る
など。

 

そして、
スキースクールに入る
です。

知り合いに教えてもらうと、
変な遠慮が生まれて
ズバズバ言ってくれないでしょうし、

言ってくれたとしても、
ケンカになる可能性大です。

きちんとお金を払って、
上達を目指す生徒たちに混じって
プロにレッスンを受けるのが一番です。

 

そして、今の自分のレベルや、
レベルアップすべきところはどこか、
できていること、できていないことを
ズバズバ言ってもらいましょう。

スキーのコーチはプロなので、
いろんな言い方をして、
いいフォームへ導いてくれます。

「今のはよかったよ!」とか、

「今のは谷側の足に乗れていなかったね」とか、

一人ずつ指導してくれるはずです。

 

また、同時に、
他の生徒さんの滑りも見れるので、
いろんな人の滑り方ポイントの
ビフォアーアフターを
目の当たりにすることができます。

まさに一石二鳥ですよね。

まとめ

  1. とにかく雪質のいいスキー場を選ぶ
  2. スキーが上手くなりたいという熱意を持つ
  3. スキースクールでプロからレッスンを受ける

スキー経験者の私が、
初心者が心がけるべき
スキー上達のための3つのコツ
お伝えしてきました。

メキメキと上達していく
身内のスキー初心者を目の当たりした
実例もあるので、
成功率はかなり高いはず。

なかでも、
「スキーが上手くなりたいという熱意」
は、一番重要かもしれません。

まさに「好きこそものの上手なれ」
いくつになってからでも遅くはありません。

できなかったことができるようになる
過程を楽しみながら、
鼻歌スキーができる日を目指して
がんばってください!