家庭

子供の友達の態度が悪いっ!!心のもやもやが解決できちゃう対処法5選

子供が保育園生や幼稚園生、小学生になると交友関係が一気に広がりますよね。
子供の世界が広がるのは親としても嬉しい事です。

ですが、子供の友達の中には少々困った子もいたりしますよね。
子供の友達の態度が悪かった時ってどうすればいいか悩むと思います。

大人として、親としてどう対応するべきなのか…。
自分の子供とこのまま付き合わせてたら子供も態度が悪くなっていかないか…。
悩めば悩むほどどうすればいいか分からなくなってきて心がもやもやしてしまいます。

そこでここでは
これでどんな友達が来ても安心♪余裕と威厳を持って対応が出来る!
そんな対処法を紹介していきます。

態度が悪い子供の友達ってどんな子?

態度が悪い子供と言っても色んなパターンがあると思います。

  • 冷蔵庫を勝手に開けてくる
  • 入ってはダメ、と言ってる部屋に入る
  • お菓子やご飯、お茶を要求してくる
  • 話しかけると「うるさい!」「黙れ!」とキレる

う~ん…これは困りますね…。

冷蔵庫ってあまり人には見せたくないランキング上位じゃないですか?(家だけ?)
だって昨日の夕飯の残りが入ってたり…。
乱雑に入ってる納豆や豆腐、いつ買ったか分からないベーコン。
あれ?このタッパーにはいってるおかずっていつ作ったのだっけ…!?

こんな事が冷蔵庫では常に繰り広げられてる訳です。(家だけ?)
そんなのを誰が心から見せたいと思うのでしょうか?
いくら子供でも嫌ですよね。

後は寝室に入ってきたり、掃除を少~しばかり怠っている部屋に入ってくるとか。
お菓子ぐらいならあげるけどご飯まで要求ってどういう事っ!?とか。
「ゲームばかりしてちゃだめよ」と注意してだけなのに「うるさい!」って何っ!?

…と困るを通り越して、堪忍袋の緒が切れちゃいそうになりますよね。
自分の子供なら叱ってる所ですが、相手は子供です。しかも子供の友達。
この子の親と仲良ければラインしたり出来るけどこの子の親、連絡先すら知らない…。
なんて事もあると思います。

さて、困った!
そもそも子供にキレそうになるのは大人気ないかしら?
もうどうしたらいいの…。

となってしまいます。
家事や仕事で疲れてるのにこんな子供が定期的に来たら困ってしまいますね。

1度冷静になろう

怒りたい、止めさせたい、キレそう…!
ですがちょっと待って。
とりあえず深呼吸を2~3回してください。

落ち着きましたか?
相手はまだ生まれて何年かしか経っていない子供なのです。
人生経験も少ししかないのです。
とりあえず1度冷静になる事をおすすめします。

確かに態度は悪かったかもしれません。
ですが、それはこの瞬間、たまたま、偶然ってだけかも知れないですよ。
もしかしたら保育園や学校では優しいかもしれないです。
自分の子供は一緒にいて楽しい子!と思っているかもしれません。

ここは一旦大人の余裕を見せてとりあえず見守りましょ。
見守ってると意外にただの悪い子って訳じゃないかもしれませんよ。

ルールを決めて守らせよう

先手を打ったりルールを決めるのも得策です。

具体的な例を挙げますね。

例えばお菓子やお茶を要求してくる子供の場合です。
「今日はお菓子やお茶を用意してないよ。」

勝手に冷蔵庫を開けてしまう子には遊びに来た時に最初に伝えましょう。
「冷蔵庫には何も入ってないから勝手にあけるのはしないでほしいな。どうしても開けたい時は私に聞いてね。」

お菓子やお茶を食べっぱなしにする子には…。
「お菓子を食べたら片付けを自分たちでしようね。」

…と、こんな感じでルールを決めて伝えてみるのがおすすめです。
子供って「ルールがないから勝手にやっちゃえ!」となってしまうのです。
学校って使った物は片付けて帰る、放課後は掃除の時間です、とかルールがありますよね。

それを家庭でも行えば良いのです。
ルールさえ決めてあげれば子供達も従ってくれると思いますよ。

怒らない、否定しない

またルールを決めてもそれを実行しなかった場合…。
イライラしてしまいますよね。ルールを決めたのにっ!って。

ですがルールを守らなくても怒るのは厳禁です。
まだ彼らは子供です。
大人と違うので決められた事に従う力を培っていません。まだ勉強中なのです。

また、怒られると強要されてる…と感じてしまい反骨精神が芽生えてしまいます。

自分の昔を思い出してみると分かると思います。
親に「ゲームばかりしてちゃダメよ、勉強しなさい」といわれて
(今やろうと思ってたのに…。もうやりたくなくなった!)
と思った事があると思います。私もあります。(笑)

なので怒らない言い方を心がけましょう。
例えば、片付けをしなくて外に遊びに行こうとした時…。

「だめでしょ!片付けてから遊びにいきなさい!」
これだと怒られてる感じがして子供も素直に聞こうとしませんよね。

これを

「いいよ。じゃあこれだけ片付けてから遊びにいこうか」
これならいいよ、と肯定してくれているので子供達も素直に従ってくれると思います。

なので怒らない言い方を心がけましょう。
目指すは学校の先生みたいに諭すような言い方、です。

家族で話し合う

どうしても子供の友達の態度が悪くて我慢が出来ない場合もありますよね。
そんな時は家族で話し合うのがおすすめです。

夕食時の家族が集まっている時でもいいので話し合ってみましょう。
すると自分の子供がその態度が悪い友達の事をどう思っているかが分かると思います。
態度は悪いけど年下の面倒をよく見てるんだよ。など…。
もしかしたら家庭に事情があって寂しいから外でストレスを発散している可能性のありますしね。

また、お父さんも話し合いに加わっていると、お父さんならではの意見や自分とは違う視点での意見も出てきます。
あぁ、そっか、そうすれば良かったんだ、と思う事も出来ます。

家族の力…特にお父さんの力を借りるのも手だと思います。
その為の家族でもあるのですから。
1人で悩まずに相談や話し合いをする事をおすすめします。

子供の友達の親に伝える/付き合いを控える

ルールを決めても家族で話し合っても解決には至らなかった場合です。
最終手段ですね。

子供の友達の親にいいましょう。
親に伝えるのはとても勇気がいりますよね。
仲良くない、付き合いがない場合は特に勇気がいると思います。

ですがこのままにしておくと子供の友達はどんどん付け上がって来てしまいます。
中には親にバレないからいいや、と思っている子供もいますから。

またどうしても連絡がつかない場合はこっそり付き合いを控えましょう。
仲のいい子供同士を引き離すのは心が痛みますが、やむを得ません。
時には逃げるのも大事です。

私は昔いじめられていた時期があるのですが、ある時テレビで
「いじめが辛かったら逃げて良い」
という言葉を聞いたんです。
その時は目から鱗でした。そんな考え、全く無かったのですから。

このいじめの話とは少し違うと思いますが、とにかく嫌だな、なんだか危険だなと違和感を覚えたら逃げるのも1つの対処法だと思います。

大目に見ることも

ここまで対処法をお伝えしてきましたが、時には大目に見る事も大事です。
何回も言いますが相手はまだ子供です。
対してあなたは大人です。

子供のする事だから仕方ない、と思うのも大切なのです。
ぜひ寛容な心で子供たちを見守ってあげてくださいね。

またこれはyoutubeの動画なのですが…。
現役保育士で子供関係の本を出している「てい先生」という方です。
この方の動画は子育てに悩んでるお母さんの為に保育士としての知識を伝えてくれています。

短時間でサクッと見れるしどの動画も分かりやすく為になるので是非見てみてくださいね!
私はまだ子供が居ないのですがいつか子供が出来て困った事があったら、てい先生の動画を頼ろうと思っています。(笑)

まとめ

  • 態度の悪い子供の友達とはどんな子供なのか?

を最初にお伝えしました。

  • 1度冷静になる
  • ルールを決める
  • 怒らない、否定しない
  • 家族で話し合う
  • 子供の友達の親に伝える/付き合いを控える

また補足として

  • 時には大目に見ることも大切

という事をお伝えしました。

こういった問題って自分の子供じゃないからこそ大変ですし、悩みますよね。
正解なんてないですし…。
ですがこの経験がもっと自分を良い親にするんだ、と考えてみて
是非、紹介した対処法でカバーしてみてくださいね。