オススメアイテム

日本映画って海外で人気あり⁈世界に誇る日本映画と海外限定映画を厳選

「となりのトトロ」などのジブリ作品に始まり、
「エバンゲリオン」や「鬼滅の刃」…
今や日本のアニメ映画は世界でトップの地位を獲得しました。

でも、日本映画の人気はアニメだけではありません。
アニメじゃなくても海外で
人気のある日本映画はたくさんあります。

でも、それはちょっと違った意外な映画かも…

そこで海外に住んで20年以上の筆者が、
海外で人気の高いアニメ以外の日本映画をご紹介。

世界で広く利用されている
IMDb(インターネットムービーディターベース)という
映画の評価を含むデーター情報サイトを元に厳選。

また、日本の映画館で公開にならなかったけど、
是非見て欲しい
海外限定のおすすめ海外映画も合わせて紹介します。

 

ロングラン 海外で人気の日本映画3点

 

黒澤明作品や北野武作品は勿論、
他にも海外で人気のある日本の映画はたくさんあります。

どれも甲乙つけがたい作品ばかりですが、
その中から海外ファンがいつもお勧めに上げる
常連作品3点をご紹介します。

おくりびと Departures

Departures (2008) - IMDb
出典:IMDb

2008年に公開され、第32回日本アカデミー賞、
第81回アカデミー賞外国語映画賞
輝いた滝田洋二郎監督の作品。

英題は’’Departues‘’です。

日本でも当時は話題になったと思います。
でも海外での評価は更に高く
私が住むオーストラリアでは
公開から10年以上経った今でも
繰り返しテレビで放送されています

 

【あらすじ】

プロのチェロ奏者であり、東京でオーケストラの一員として働く小林大悟。
しかし高級なチェロを新調した途端、楽団の解散を知る。
大悟は東京での生活を諦め、妻の美香と故郷に戻り職を探し始める。
そんなある日「旅のお手伝い」というフレーズから旅行代理店の仕事だと思い、面接に行くのだが‥‥。

 

死の裏側にある人生模様を知ることで、
迷いながらも心ある完璧な納棺師となっていく大悟の心を通し、
人生の不思議、喜びそして意味を
時にコミカルに描いた名作です。

海外の声

海外男性
海外男性
One of my all time favorite movie.(どんな時も大好きな映画のひとつ)
海外女性
海外女性
Marvellous! One of the best movies I’ve ever seen. Even though the plot line is the “death”, it’s done with such kindness, softness and emotion (every little thing in the Japanese culture is made like a piece of art)
(素晴らしい!今まで観た映画の中で最高のひとつ。テーマは死だけど、優しさと温かさと感情を入れ描かれている…日本の文化って例え小さなことでもまるでアートから出来ているよう)
海外男性
海外男性
Kobayashi treats the bodies with such enormous respect and dignity, which touches me a lot. It’s a must see.
(小林(主人公)が多大な尊敬と尊厳を持って死者に接する姿に何度も感動した。必ず観るべき映画) 

 

等々、こんな声がたくさんあります。

 

私も夫婦で観ましたが…
私もウルッ
外国人も旦那もウルッ

 

死という重いテーマを暗くなりすぎず、
細やかに描かれていることが人気の理由。
日本のお葬式の様子が描かれていることも
海外の人にとても興味深いようです。

 

37セカンズ 37seconds

出典:IMDb

こちらは2019年公開のHikari監督の作品。
障害を持った若い女性の物語で
海外でも多くの賞を取り、とても高く評価されています。

英題は ”37seconds” です。

 

【あらすじ】

生まれて来る時に37秒呼吸が止まったため、脳性麻痺となった夢馬(ゆま)。
車椅子生活を余儀なくされる生活で
母の介護と過度なまでの干渉を受けながら
一人の女性として強く成長していこうとする様を描く。

障がい者の性、心、また偏見なども
リアルに描いた良作です。

 

海外の声

海外女性
海外女性
Absolutely incredible!This movie is the definition of why I love Japanese cinema.Their movies are about people, people who actually exist in the real world and no one is talking about them.(間違いなく素晴らしい!私が日本映画を好きな理由がここにある。日本映画はマイノリティな人々について語ってくれる。)
海外男性
海外男性
An absolutely beautiful and amazing story that unfolds slowly and tenderly. It is 100% worth the watch!(ゆっくり優しい展開で間違いなく美しく素晴らしいストーリー。100%観る価値あり!)
海外女性
海外女性
This is 10! Beautiful, dramatic, emotional film(満点!美しく、ドラマティックで感情を揺さぶられる映画)

 

私もエンディングでオイオイ泣きました。
重度の障害を抱えながらも健気に生きる夢馬が
どこまでも純真で優しくて前向きで、泣けるんです。

障がい者の生活、偏見、性、一人の女性としての気持ち等
こちらもタブーなテーマをリアルに
そして真摯に描かれていることが
人気の理由のようです。

最後は希望に光を感じ、
清々しい気持ちになれる映画。

観ていない方は是非!

 

東京物語 Tokyo Story

Tokyo Story (1953) - IMDb

出典:IMDb

 

日本映画を世界に広めた監督と言えば、
「黒澤明」と言っても過言ではないでしょう。

黒澤明監督の映画は今日でも日本、海外問わず、
絶大な人気があります。

 

 

そしてもう一人の名監督が

 

小津安二郎監督

 

黒澤明監督と並んで
世界で名匠と呼ばれる監督です。

 

もしかしたら日本では特に若者など、
黒澤明監督ほど知名度がないのかもしれません。
実際私も海外に住んでから、その存在を知りました。

でも、小津映画の世界の評価は絶大
映画業界は勿論、たくさんのファンを持ちます。

その中でも特に人気あるのが

東京物語

英題は”Tokyo Story” です。

1953年公開と今から半世紀以上前の映画ですが、
不朽の名作としてとても高い評価を受けています。

 

【あらすじ】

尾道の小さな田舎町で暮らす老夫婦・周吉ととみは、東京の子どもたちを訪ねようと長旅の末、久しぶりに上京する。しかし医者である長男の幸一も美容院務めの長女の志げも「忙しい、忙しい」と自分たちの生活ばかりを優先。
そんな中、周吉ととみをもてなしたのは戦死した次男の妻、紀子だけだった。

戦後、大きく変わってしまった日本の家族がテーマの名作。
半世紀以上前の作品ですが、今にも大きく通じるものがあり、
「あーー…」と身につまされるはずです。

 

また、小津映画の代名詞である
ローポジションやカメラの固定という独自の撮り方
物語を一層興味深くしています。

 

海外の声

海外カップル
海外カップル
A cinema of tears. Perfect!(涙なしには観られない。完璧!)
海外男性
海外男性
Extraordinarily portrayal of real life. The movie provides no easy answers. Fantastic! (抜きんでた描写で描かれる真の日常。考えさせられる。素晴らしい! )
海外男性
海外男性
Tokyo Story is definitely one of the finest movies ever made.(東京物語は間違いなく映画史上最高傑作のひとつ)

 

とてもスローでハリウッド映画ような華やかさは一切ありません。
それでも、ゆっくりと絶妙に描かれる心の様は
海外の多くの人を魅了しています。

心にいつまでも残る素晴らしい映画。
日本人なら是非観ておきたい一作だと思います。

 

海外限定 Sound of Metal

Sound of Metal (2019) - IMDb
出典:IMDb

さて、今度は海外映画。

実は日本で公開されない海外限定の映画はたくさんあるのですが、
その中で超おすすめなのがこちら!

 

サウンド・オブ・メタル 
2019年/アメリカ 監督Darius Marder

 

日本人男性
日本人男性
えーでも、海外限定なんて観られない映画紹介されても…

 

ご安心を!

 

今やストリーミングの時代。
観られないものなんてありません(笑)

映画館では観ることが出来なくても
アマゾンプレミアムでなら
大丈夫です。

アマゾンプライムへはこちらから↓

出典:メタルオブサウンド~聞こえるということ~アマゾンプライム

邦題は「サウンド・オブ・メタル~ 聞こえるということ~」です。

 

【あらすじ】

ヘビメタロックのドラマールーベンは恋人のルーとバンド活動をしながら
自由気ままな生活をしていた。そんなある日、ルーベンに突然不幸が襲い掛かる。
聴覚喪失。
ドラマを叩くどころか、日常生活も出来なくなるルーベンは
絶望の果て、ろうあ者の施設での生活を余儀なくされた。
自分がろう者だとどうしても認めたくないルーベンの先にあるものは…。

 

とにかくパワフルかつ、哲学的。
ものすごい深いです。
終ってしばらく、ぼーっと考えてしまいました。

 

この映画は2021年のアカデミー賞の6部門にノミネートされ
ベスト・フィルム・エディティング部門と
ベスト・サウンド部門に輝きました。

2020年から世界を襲った流行病がなければ
確実に日本の映画館でも公開されていただろう名作。

迫力あるドラマパフォーマンス、サウンドなど
大スクリーンで観られなかったのはちょっと残念ですが
超おすすめの傑作です!

 

まとめ

海外で人気のある日本映画
そして日本の劇場公開にならなかった
海外限定映画をご紹介しました。

ロングラン 海外で人気映画3点

  • おくりびと (2008年)
  • 37セカンズ(2019年)
  • 東京物語(1953年)

日本の映画館で公開されなかった海外限定 おすすめ映画

サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~(2020年)

日本映画にも海外に引けを取らない
優れた作品がたくさんあります。

一度観た作品でも改めて
見直してみるのも良いかもしれません。

海外の反応を知って観ると
誇らしい気分で観ることが出来るかも。

また、優れた作品と言えば
「サウンド・オブ・メタル~ 聞こえるということ~」もそう。

海外限定の隠れた傑作を
これを機会にぜひ鑑賞してみませんか。