場所

道民が紹介!北海道を家族連れで楽しめる!旅行おすすめスポット5選

「家族で北海道旅行したいけど、
どこにしようかな」
と検討中の方に
道民の私がおススメスポットを
教えます!

親としてはやっぱり
「子供が退屈しないかな」
「最後まで楽しめるかな」
と思いますよね。

なので、子どもはもちろん、
大人も最後まで楽しめるスポット5つ
紹介します!

旭川市旭山動物園

出典:旭川市旭山動物園公式HP

北海道の動物園で真っ先に
思いつく動物園ですね!

旭山動物園の一番の魅力は
動物との距離がとても近いことです!

例えば、人気のホッキョクグマ館では
「シールズアイ」というカプセルが
設置されていて、地下から頭をのぞかせると
地上を歩くホッキョクグマを
あざらしの視点から間近で観察することができます。

私がシールズアイを利用した時には、
カプセルの間近にホッキョクグマの顔があって
「ひゃ~!?」
情けない声を上げてしまったこともあります(恥)

息遣いを感じられそうなほどの距離は
子どもも大人も楽しめます!

更に、私のお気に入りレッサーパンダ舎では、
施設の向かい側にある木まで高さ3.5メートルのところに
吊り橋を架けてあるんですけど
そこをレッサーパンダが移動していく姿が可愛いんです!

吊り橋にはケースもなにもついていなくて
むき出しになっているので
生のレッサーパンダが頭上を歩いていくんです。

器用に吊り橋で寝ている子とかもいて、
観察するもの楽しいです!

こども牧場もあるので
ウサギやモルモットなどとの触れ合いも楽しめます!

私はずっと犬と戯れてました(笑)

冬場はペンギンの散歩というイベントが
開催されていて間近で歩くペンギンを観察できます。

公式HPのリンクを載せますので
気になったら見てみてください!

旭川市旭山動物園

木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド


出典:木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド公式HP

遠軽町にあるこの施設は
世界約40ヵ国の木のおもちゃを
集めたミュージアムになってます。

ドイツのくるみ割り人形や、
積み木、コマなど多数のおもちゃが
展示されていて子どものテンションが上がること
間違いなしのスポットです!

更にカプラというフランス製のおもちゃで
遊べるコーナーもあり、
手のひらサイズの木の板を組み立てて
家や動物を作ったりできます。

私は不器用だったので家らしきものを
作るのが精いっぱいだったんですけど、
近くにいた子はお城を作ってました(笑)

子どもの創造力ってすごいですね!

夢中になってる大人の方も多かったので、
童心に返って楽しめる場所です。

また、木工房ゼペットでは
木のおもちゃ作りを体験できます。

体験キットコースとオリジナルコースとあって、
体験キットコースでは半製品キットを
組み立てるだけなので初心者の方や
不器用な方でも簡単に作れるものになってます。

私のような不器用の申し子でもできたので
間違いなく誰でもできます(笑)

オリジナルコースではデザインから糸のこを
使って切り出しをしたりと本格的な
おもちゃ作りができます。

自分だけのおもちゃを作りたい方におススメです!

公式HPのリンクを載せますので
気になったら見てみてください!

木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド

定山渓ファーム

出典:定山渓ファーム公式HP

定山渓にあるこの施設では、
果物狩りやツリートレッキング
(木の上のアトラクション)などを楽しんだり
ピザを焼く体験ができます。

果物狩りではサクランボの大人気品種佐藤錦や、
市場ではあまりみかけない
黄色サクランボの月山錦
北海道でしか栽培されていない
イチゴのけんたろうなど
沢山のフルーツをお腹いっぱい
堪能できます!

アクティビティのツリートレッキングでは
木から木へと進んでいく木の上の
アトラクションになっていて
最高10メートルの高さにある障害を
乗り越えていくのは
ハラハラしながらも楽しいものになってます。

また、小さい子どもでも楽しめる
ボルダリングができる場所もあるので
小さな子でも安心して遊べます。

ピザを作り体験もあって、
専用のピザ窯を使うのでお家で作るものとは
一味違うものが出来ます!

公式HPのリンクを載せますので
気になったら見てみてください!

定山渓ファーム

登別マリンパークニクス

出典:登別マリンパークニクス公式HP

登別にあるこの施設は
北海道内でとても人気の高い
水族館になってます。

約400種類の生き物を展示している
建物「ニクス城」は登別マリンパークニクスの
中心となってます。

ニクス城の見どころは
クリスタルタワーと
アクアトンネル
ふれあいゾーン
ですね!

ニクス城に入ってすぐにある
クリスタルタワーは高さ8メートルの水槽のことで
色鮮やかな南の魚たちが出迎えてくれます!

そして、アクアトンネルでは
寒流水槽と暖流水槽と水温の異なる
2つの水槽があり、泳ぐ魚の種類が変わってます。

特に見どころなのは暖流水槽を泳ぐ
シロワニです!

名前にワニとついてますが、
大きなサメなんです!

暖流水槽を大きな口と牙を見せつけながら
ゆったりと泳いでいる姿は圧巻です。

ふれあいゾーンでは、
サメ、エイ、カブトガニに触ることができます。

子どもたちに大人気のスポットに
なってますので是非触ってみてほしいです!

更に、イルカショーやアシカショーなど
イベントもあるので沢山楽しむことができます。

遊園地も併設されているので、
生き物で癒された次は遊ぶことも可能です。

公式HPのリンクを載せますので
気になったら見てみてください!

登別マリンパークニクス

北の大地の水族館(山の水族館)

出典:北の大地の水族館(山の水族館)公式HP

北見にあるこの施設は、
少し穴場的スポットになってまして
海の生き物ではなく川の生き物を
展示している珍しい水族館なんです。

ここは日本初の滝つぼ水槽が設置されているんです!

激流の中を泳いでいる魚の姿は
普通の水槽では見られない力強さを感じます。

そして、世界初の冬になると凍る水槽もあるんです。

北見は北海道の中でも結構寒い地域になります。

この水槽では、冬になると表面が凍るので、
氷の下で魚たちがどのように過ごしているのか
観察ができます!

さらにふれあいコーナーでは
ドクターフィッシュのいる水槽に
手を入れることができます。

ドクターフィッシュは一時テレビで
特集が組まれたこともあるほどの
人気の魚です!

ドクターフィッシュは
人間の皮膚の古い角質を食べてくれる魚で、
皮膚がつるつるの美肌になります!

私は皮膚が弱くて
入れても大丈夫かなと思いながらも
入れたんですけど
ツンツンとついばまれる感触は
すごくくすぐったかったんですが
肌荒れすることもなくきれいになりました!

お母さん的にうれしいかもしれませんね(笑)

また、日本最大級淡水魚で幻と言われる
イトウを飼育していて
巨大な水槽をゆったりと泳いでいる姿は
必見です!

公式HPのリンクを載せますので
気になったら見てみてください!

北の大地の水族館(山の水族館)

まとめ

  • 旭山動物園はとにかく動物との距離が近い!
  • 木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールドでは
    モノづくりが楽しい!
  • 定山渓ファームは美味しいフルーツを堪能できる!
  • 登別マリンパークは展示されている魚の種類が豊富!
  • 北の大地の水族館は日本初、世界初があるので必見!

以上が、家族で楽しめる北海道の旅行スポットでした!

私は旅行が好きなので、
色々な場所に行ってる中でも特に
家族旅行で楽しめる場所を紹介させていただきました。

気になったスポットはありましたか?

どこの場所も家族で楽しめること
間違いなしなので、気になったら是非一度
訪れてみてください!

この記事が楽しい家族旅行の参考になれば幸いです!