未分類

次のデートはないかも?!男性に言ってはいけないNGワード意外な5選紹介

デートって楽しいですよね!
大好きな彼や気になっている人
とのデートは、
「うれし!たのし!大好き!」
って感じでうきうきします☆

でも、楽しかったデート終了後、
こんなことがありませんか?

「なぜだかわからないが、彼の態度
が冷たくなった」
「音信不通になった」

などのことがあれば、あなたの言葉が
彼を知らず知らずに傷つけてしまって
いたのかもしれません。

私も音信不通とまではいかなかった
のですが、デート後会った時に
なんとな~く距離を感じる時があり
ました。
こういう距離感、女子は敏感です
よね😓

そんな時はきっと言ってしまって
いたんだと思います、NGワード
を!

そんな事態を起こさないように、
デート中に男性に言ってはいけない
NGワードを5つ紹介します。

「あ!言ってたかも!」
と感じる言葉があればこれを機に
慎み、男性と楽しいデートを
しましょう!

男性に言ってはいけない言葉とは?その5つを紹介!

・「何でもいいよ」
・「元彼は〇〇だった」
・「ここ、前に来たことがある」
・「疲れた」「足が痛い」
・「〇〇のほうが良かった」

これらの言葉は、本当に何気なく、
なんの悪気もなく言ってしまいがち
ですよね。

「あ、言っちゃってるわ。」
と思い当たる人もいるでしょう。

ですが、それらは言葉のとげとし
て男子の心をチクチクと傷つけて
いるのです。

「何でもいいよ。」

「何でもいいよ。」
この言葉軽~く言ってしまいます
よね。

ですが、男性に言ってはいけないNG
ワードになります。

理由としては、
「何でもいい。」という言葉は興味
がないときに使う言葉で、好きな
人から「どうでもいい」と言われて
いるように感じるのだそう。

さらに、
女子の「何でもいい」は全然何でも
良くない!男が提案すると反対する。
「さっき何でもいいって言った
じゃーん!」と思う。

そして、
「なんだか投げやり感がある」

と感じるようです。

私もこの言葉、よく言われて
いました。「どうする?」と
聞くと、「任せるよ。」の一言。
「任せるだと?!考えるのが面倒
くさいんでしょ!」と思っていました。

どうするか聞かれたら、何でも
良いから思っていることを伝えて
みたり、
「迷っちゃうなあ~!」などと悩んで
いる姿を見せたりと、一緒にこの
デートを楽しむ姿勢が大事ですね☆

「元彼は〇〇だった」

他の男性と比べて、
「そっちのほうが良かった」の言葉
は男子のプライドを傷つけてしまい
ます。

男子は常に1番でいたいと思うもの。

ましてや元カレと比べるのは絶対NG
です。逆の立場だったらやはり嫌で
しょう。

でも、「元カレは元カレ。今カレは
今カレ。」と頭でわかっていても
ちょっとした行動、言動で無意識に
比較してしまっていることって
どうしてもありますよね::>_<::

比較してしまうのは仕方がないこと。
でも、決して口には出さずに心の中
にしまっておきましょう。

「ここ、前に来たことがある」

この言葉もついつい言ってしまい
ますね~。
ホント、なんの悪気はなくつい・・・。

振り返ると私は幾度となく言ってしま
っていました!
そのとき彼は「ふーん。そうなんだ。」
と気にもとめていない風を装っていま
したが今考えると傷ついていたかも!

男性にとってこの言葉は、特に王道の
デートコースだった場合、「きっと
元カレと行ったんだろうなあ。」
思ってしまい、萎えてしまうのだそう。

彼女を喜ばせるために一生懸命考えて、
行った場所で開口一番この言葉を
言われると確かにツラいですね。

年齢を重ねていけばどうしても行った
ことのある場所が多くなるもの。

嘘をつく必要はありませんが、その彼
とは初めて行くのだから、新鮮な気持ち
で楽しむ姿勢が大切です。

「疲れた」「足が痛い」

スポーツやハイキングなどに行った
際のさわやかな「疲れた~!」は
いいのです。

ですが、彼女が彼をショッピングに
付き合わせた時に言う「疲れた」
は、NGなのです。

考えてもみて下さい。彼女に付き合
って無理して出かけている、そして
言われた言葉、それは
「ダルい」
「疲れた」

・・・。
「文句があるなら買い物来るな!」

となりますよね😓

疲れたと同じように、「足が痛い」
も不評ワードになります。
歩くとわかっている日は歩ける靴で
きてほしいというのが本音。

そして男性は解決出来ないことを
連発されるとイラっとくるのだそう。

軽い気持ちでそのような言葉は
使ってしまいがちですが、

「疲れたからどこかで休もうか。」
や、
「足が痛いからもう少しゆっくり
歩いてくれる?」

などと具体的な解決方法を提案する
と男性も理解を示せると思います☆

「〇〇のほうが良かった」

デート中いくつかの選択肢の中から
一つに選ぶことも結構ありますよね。

そんな時に「あー。やっぱり〇〇に
しとけば良かったー。」などと
言われると気分は最悪。さらにそれが
彼が決めた場所となればなおさらです。

サプライズでプレゼントを買ってきたり
しても、「嬉しいけど本当はあっちの
方が良かったな。」と言われるとがっかり
してしまうそうです。

うっかり口にしてしまいそうな言葉
ですが、彼女のことを考えてしてくれて
いる行動です。心で思っていても
お口チャックを心がけましょう!

さいごに

・「何でもいいよ」
・「元カレは〇〇だった」
・「ここ、前に来たことがある」
・「疲れた」「足が痛い」
・「〇〇のほうが良かった」

あらためて箇条書きにすると、
すべてつい口を滑らせてしまいがち
な言葉ですね。

「疲れた」「足が痛い」「〇〇のほうが
よかった」などは、女性同士だと
「そうだよね~疲れたよね~」で何の
痛みもなく終わる会話ですが、
それが彼氏となると心にひびが入って
しまうこともあるのです。

デートははやり終始楽しく過ごしたい
もの。
上記の言葉を心の片隅に覚えておいて
お互いが気持ちの良い言葉がけをして
いきたいですね!