未分類

悩める奥さん必見!!夫と喧嘩しないための不満の上手な伝え方を紹介

愛いている人との幸せな結婚生活!
きっと楽しくて毎日笑顔が絶えないん
だろうなと思っていたのに

最近、夫と喧嘩しがち…こんなはずじゃ…。

結婚して一緒にいる時間が増えると
見えてくる、感じてくる不満…。
これが原因で喧嘩が増えてしまうんですよね。

私も夫に不満があってイライラして
しまったりしますが、その不満を上手に
伝えることができると喧嘩が無くなりました!

ここでは、不満を上手に伝えて
円満夫婦になれる秘訣を教えます!!

言いたいことは整理する

喧嘩なんてする気はなくて
「ただ直してほしいわかってほしい
だけなのに、なんで喧嘩になってしまうの…」
こう思う方多いですよね。

まず、
不満を相手に伝える際に
感情的になってませんか?

そして、
言いたいことは整理
できてますか?

「感情的にならない」

「言いたいことの整理」は非常に
大事なことです。
例えば、感情的になって
相手を責めるように言ってしまったら
相手は嫌な気持ちになって、
お互いイライラして喧嘩に
なってしまうし。
言いたいことの整理が出来てないと、
そもそも伝わらないですよね。

では、どうしたらいいのか。
それは、相手に伝える前に不満を
紙に書きだしてみましょう!

それだけ?
と思う方もいるでしょうけど、これでいいんです。
紙に気持ちや言いたいことを書くと
冷静になれるし、言うべきことが
明確になるから相手に伝わり
やすくなるんです!

私は精神的に煮詰まってきたなぁと
感じたときに紙に気持ちを
書き出すようにしてるんですけど、
これをすると落ち着いてものを
見れるようになるので
気持ちが楽になるんですよ。
おすすめの方法です!

他の人と比較しない

「○○さん家の旦那さんはこうなのに…」
とかついつい周りのうまくいっている
夫婦と比較して言ってしまう人
多いと思うんですよね。

これは禁句です!!

誰でもそうだとは思うんですけど
他人と比べられると、自分を否定
されているような気がして
傷ついてしまいます…。

あなたも
「あそこの奥さんはこうなのに」
とか比べられたらショックですよね?
一生懸命にやってるのにって
反感持ってしまいますよね。
相手も同じなのです。

よく、小さいころ母親に言われた
「他所は他所!うちはうち!」
という言葉はほんとに大事なんだなと思います。

あなたが向き合うべきは自分の夫なので、
自分の夫の話をしましょう!

「普通」なんてない

日常でもよく使う言葉「普通」。
この「普通」を押し付けて相手に
窮屈な思いさせてませんか?

「普通はこうでしょ!」
とか
「普通のことなのに」
とかついつい口に出してしまい
がちな言葉です。
でも、この「普通」は相手にとっては
普通じゃないことがほとんどです。

「普通」って実は自分だけの常識、
価値観なんです!

私も昔
「普通のことなのになんで出来ないの⁉」
と夫に言ったことがあるんですけど、
その時夫に
「お前の普通押し付けんな!」
と言われて衝撃を受けました。
しばらくショックを引きずる
くらいには驚きでした…。
それ以降は使わないようにしてます。
(反省)

お互いの普通のことがぶつかった
ときに喧嘩は起こります。
相手に不満を伝えるときは
「普通」は封印しましょう!

伝えるタイミング

ここまで、不満の伝え方を紹介しました。

ただ、この不満の伝え方だけが
すべてではありません。

伝えるタイミングを選ばなければ
折角の上手な伝え方も
意味をなくしてしまいます!

相手が仕事で疲れ切っているときや、
考え事をしているときは少し待ちましょう。

相手に話を聞く余裕がないときに伝えても、
伝わらないし場合によっては
機嫌を損ねてしまいそこから
喧嘩になってしまうこともあり得ます。

私のところは夫は仕事終わりは
疲れているのでゲームをして
精神的に落ち着いたのを
見計らって話を持ちかけるようにしてます。

一緒に暮らしてると相手が落ち着く
タイミングってなんとなくわかると
思うのでそこ狙ってみましょう。

また、話をするときはいきなり不満から入らず
「相談事がある」

「少し話いい?」
など前置きをすると、
相手も聞く姿勢に入るのでいいと思います。

伝えるだけで満足しない

不満を伝えてスッキリ!満足した!

ここで終わらせていけません!

あなたは伝えて満足しているかも
しれませんが、相手は違います。
伝えれられた不満について
どうするか悩んでるかと思います。

ダメなところは伝えたからあとは
自分だけで直してはあまりにも
冷たすぎます。

男の人は特に「察して」が苦手です。
ダメなところを伝えたら察して
直してくれるだろうなんて
思ってはいけません!

私の夫は特に鈍感で
察してねで放っておくと
私に言われたことを忘れます(笑)

直し方を具体的に二人で納得できるまで
話し合って解決策を出しましょう。

最後に忘れてはいけないのがフォローです。
話を聞いてくれたことに感謝の言葉
言うだけで、相手の心持ちも変わります。

まとめ

  • 自分の思っていることを整理する
  • 他所は他所。うちはうち
  • 普通は無い
  • タイミングを見る
  • 解決策を出す

以上が上手な不満の伝え方になります。

夫婦は夫と妻の二人で成り立つものです。
一人よがりで不満をぶつけてしまえば
それがすれ違いを生んで喧嘩の日々になります。

親しき中にも礼儀ありとあるように、
不満を伝えるときにも
気遣いをしましょう!

この記事を読んだあなたなら大丈夫です!
上手に不満を伝えて円満な夫婦生活を
楽しんでください!!