家庭

専業主婦って大変?専業主婦が教える3つのメリットデメリット

「結婚をするにあたって専業主婦になりたい!
家のことに専念した生活をしたいけど、
メリットデメリットとかあるのかな?」

専業主婦ってなんだか魅力的な言葉ですよね。

家事育児に専念して、
自分のペースで物事を進めているイメージがあります。

私はありました。
母親が兼業主婦で家にいる時間が少なかったり
忙しかったりで大変そうだったので、
専業主婦をしている友達のお母さんが
余裕ありそうで羨ましくて
将来は「専業主婦になる!」なんて思ってました(笑)

そして、私は結婚して妊娠を機に専業主婦になりました。
そうすると、見えてくるメリットデメリット…。

専業主婦は私のイメージと違いましたね(汗)

ここでは、専業主婦になる前に知っておきたい
専業主婦にはどんなメリットデメリットがあるのかを
3つのポイントに分けて紹介します!

更に、デメリットの解決法も教えちゃいます!

ポイント1 時間の使い方

結婚して専業主婦になると時間の使い方が変わります。
専業主婦の時間の使い方のメリットデメリットを紹介します。

メリット 家事育児に時間が取れる

兼業主婦との違いは家事育児にかけられる
時間の多さですね。

専業主婦は基本はお家にいるので、
家事の時間がしっかり取れます。

細かいところのお掃除が出来たり、
毎日の食事にも力を入れられます。

さらに、育児にも専念できます。
子どもと向き合う時間もたっぷり取れるので
日々の成長を見守ることができるのは
大きなメリットですね!

私は子供との時間が欲しくて
専業を選んだのでこのメリットは最高です!

デメリット 自分の時間が作りづらい

専業主婦の時間のデメリットは
自分だけの時間を作りづらいところです。

「専業主婦はずっと家にいるんだし
楽でしょ?(笑)」

なんていう方もいますが、
そんなことありません!(汗)

専業主婦は家のことをすべてやります。
掃除に食事の支度、洗濯、買い物等をこなしてます。

なにより、子どもが小さいと
そちらに大半の時間をかけるので
自分だけのゆっくりする時間というのが
とにかく取りづらいです。

解決法 辛いときは無理をしない

多くの専業主婦の方が思っている
「専業なんだから全部しっかりきちんとやらないと!」
これは実は危険なんです。

この「全部自分がやらないと」
気疲れを起こしてしまいます。

自分の時間を作るのは悪いことではないので、
疲れてしまったときは、旦那さんもしくは身内に
相談しましょう!

専業主婦だって自分の時間が欲しいのは
当たり前なんです。

今は家事代行サービスも充実してます。
1日だけの単発の依頼を受けてくれるところも
あるので、上手に利用していきましょう!

ポイント2 お金について

専業主婦はお金について
独身の頃や兼業主婦の方とは変わります。

お金についてのメリットデメリットを紹介します。

メリット 配偶者控除などの優遇処置がある

専業主婦は働いていないので、
旦那さんの扶養に入ることになります。

なので、自分で年金保険料を
支払っていなくても
老後年金をもらうことができます。

さらに、旦那さんの所得税から
配偶者控除が入ります。

この配偶者控除がはいると
所得税や住民税が安くなります。

こういった優遇処置があるので、
支出の負担が少なくなるのは
ありがたいところです。

デメリット 自由に使えるお金が少ない

デメリットは自分でお金を稼いでないので
自由に使えるお金が少なることです。

旦那さんのお給料だけで家計のやりくりをしていて、
お金の現実がよく見えているので
友人との食事や欲しいものを買うということに
躊躇いがちになります。

私も今は旦那に頼りきりなので、
欲しくてもかなり吟味したり
慎重になりすぎて買えなかったりしてます(汗)
(旦那は気にするなと言ってくれるのですが、
なんだか気になってしまって…(笑))

また、兼業主婦の方と違って老後年金の
額が少なくなります。

解決法 お金の使い方に工夫をする

余裕がないことは決して悪いことだらけでは
ありません。

余裕がないからこそ工夫が生まれます!

先輩の専業主婦の方って節約が上手な人が
多いんです。
余裕が無い中でどうやったらいいかを試行錯誤して
節約術を身につけているからなんです。

知り合いはポイントカードを使って
安くお得に済ましている人もいます。

私はお買い物に行くときは一週間の献立を
決めてから買うようにしてます。
こうすると、必要なものだけを
買えるようになるので、
余計なものを買わなくなるんです!

何も考えずにだらだら買い物をすると
余計なもので籠が埋まってしまい、
本当に必要なものを買い忘れます。

なので、一週間献立戦法はおすすめです!(笑)

こうした工夫からお金に余裕を
持つことができるようになるので
自分へのご褒美に
欲しいものを一個買うとか、
老後の貯金にしたりとかが出来ます。

ポイント3 人間関係について

専業主婦になるにあたって
退職して仕事場での人間関係の
ストレスから解放されるのと
新たな人間関係とができます。

人間関係についてのメリットデメリットを
紹介します。

メリット 仕事場のしがらみからの解放

職場の人間関係は意外と気疲れするものです。
ノルマや納期などもストレスとなってることも
あります。

それらが一気になくなることで
心が楽になります。

私は職場の人間関係が悪かった
ということは無かったのですが、
やはり気を使っていたからか、
専業主婦になったときに
「楽だなぁ」と思いました。

デメリット 町内会などで仕事を押し付けられやすい

専業主婦になると必然的に町内会での
雑事などをやる機会が増えることもあります。
(特に田舎だと半ば強制的に
町内会に入ることになることもあります)

そうなると
「専業主婦は時間があるんだから~(笑)」
といった感じでなんでもかんでも
押し付けられるなんてことあります…。

子どもが小学校に入るとPTA役員なども
やることがあります。
こちらも同様の文句で押し付けられることも…(焦)

解決法 断る強さをもつ

周りに言われるがままに引き受けてしまうと
キャパシティーを超えてしまって
大事な家のことが疎かになってしまいます。

これでは、何のために専業主婦になったのか
わからなくなってしまいますね。

なので、
「専業主婦なんだから~」
といった言葉は気にしてはダメです!

自分の家庭のことを最優先にしましょう。

そして、断るときは
「無理」と頭ごなしな断りはせず、
自分のキャパシティー的に難しいことなど
伝えて断れば無駄な波風はたちません。

ただ、地域の交流や子供の学校のことは
主婦の仕事の一つでもあります。
(子ども関係の行事等でお世話になるので
地域の人間関係は大事です)

家のことが疎かにならない程度に
参加していきましょう!

まとめ

  • 時間の使い方が変わるので辛いときは無理をしない
  • 工夫次第でお金は余裕ができるのでどんどん試す
  • 人間関係は「断る勇気」も必要

以上、専業主婦になる前に知っておきたい
3つのポイントでした!

「専業主婦は楽そう」と言われますが
そんなことはありません!

専業主婦には専業なりの大変なことが
沢山あります。

そして、同時にいいことも沢山あります!

私は子供と過ごす時間が楽しみで
仕方ありませんしね!(笑)

これから、専業主婦になる方は
最初は戸惑うことも多いと思いますが、
この記事のポイントを覚えておけば
大丈夫です!

あなたの専業主婦ライフが快適であるよう
祈ってます!