気持ち

困っている旦那さん必読!妻と喧嘩にならない不満の上手な5つの伝え方

妻に不満に思っていることを伝えると
決まって不機嫌になって喧嘩になってしまう…。

「喧嘩がしたい訳じゃないのになんで?」

こうお悩みの旦那さん多いですよね。

不満を伝えるのって仲のいい
夫婦間でも難しくて
気が付いたら喧嘩になってしまうんですね。

私は旦那に定期的に
「私に何か不満に思ってることある?」
と聞くようにしているのですけど、
これをしている夫婦は少ないと聞きました。

ここでは妻と喧嘩しないための
不満の上手な伝え方を
5つのポイントに分けて紹介します!

妻と喧嘩にならないための5つのポイント

  1. 自分の思ている不満を整理する
  2. 不満を伝える時はタイミング良く
  3. 妻から言い返されても
    こちらからは言い返してはダメ
  4. 話し方はやさしくするように注意する
  5. 夫婦会議をする

この5つのポイントをおさえれば
夫婦円満間違いなしです!

では、上記のポイントを
一つずつ紹介していきます!

自分の思っている不満を整理する


まず、自分が何に対して、
どのように不満に思っているのかを
整理しましょう。

皆さん相手に不満を伝える時は
感情に任せてガーっと言ってしまうことが
多いんですけど、
これは不満を伝える時には
絶対ダメな行為です!

感情に任せて不満を伝えてしまうと
言いたいことが整理されてないので
ただ、相手を責める言葉になってしまいます。

これでは、相手は気分を害されて
話を聞くどころでは無くなってしまいます。

そして、これが原因で喧嘩になります。

なので、
不満を伝える前に
相手に何を伝えたいのか整理します。

この整理するという行為は
自分の心と向き合うことができるので
感情の整理もできます。

紙に書くなどして
自分の気持ち、言いたいことを
まとめてから妻に伝えましょう!

不満を伝えたいときはタイミング良く


感情の整理もついて、
言いたいことも纏まって
いざ伝えようと思っても
一回相手の状況を見ましょう!

相手が仕事で疲れている様子だったり、
精神的にも体調的にも優れていないときは
伝えるのを待ちましょう。

相手に話を聞く余裕がないときに
いくら、あなたが整理した不満を伝えても
相手には伝わりません。

それどころか余裕がないところに
不満を言われては喧嘩のきっかけに
なってしまうこともありえます。

伝える時は相手に余裕がありそうなときを
選びましょう!

例えば、休日のときや
相手がのんびりできているときなど
話を聞く余裕がありそうなときにすると
いいですね。

夫婦ですから、相手が落ち着いてる
タイミングってなんとなくわかると思うんです。

そこが狙い目です!

妻から言い返されてもこちらは言い返してはダメ


不満を伝えた時に
妻から言い返されることもあるでしょう。

しかし、
これにあなたも言い返してはダメです!
確実に喧嘩に繋がります!

この場合は、一旦話を話をやめて
相手と自分が冷静になれる時間を設けましょう。

どれだけ丁寧に話を伝えられても
不満を言われたことが、
悲しく思えてしまったり
恥ずかしく思えてしまって
冷静さを欠いてしまう人もいます。

私が急に不満を伝えられると
恥ずかしさでテンパって
言い返してしまうタイプなので
よくわかるんですよね…。
(なので、先手を打って
旦那に不満点を聞きに行くんですけど)

妻の気持ちを汲んであげるのも
不満を伝える時に大事なことです。

ゆっくり待ってあげましょう。

時間が空いてお互い冷静になれたら
改めて話し合いをするとうまくいきやすいです。

話し方はやさしくすように注意する


タイミングがバッチリで、
話す内容も纏まっていて、
相手が話を聞いてくれているとしても
言葉にとげがあっては
伝わり方に問題出てしまいます。

言葉の端々にとげが含まれていたり、
嫌味っぽくなっていたりすると
相手は素直に受け取りがたいでしょう。

ねじ曲がった解釈をされてしまっては
改善されるものも
改善されなくなってしまいます!

相手に不満を伝える時は
優しく、絆すような喋り方にすると
相手も素直に受け取りやすいです。

私は旦那からよく
絆すように注意を受けます。

時には、子どもに言い聞かせてる?
と思うような優しい感じで言われます。
(多分私の精神年齢の低さが原因なのですが…(悲))

しかし、優しく注意されると
素直に言うことを聞こうと
思えるのでいい方法なんです。

相手に伝える際は、
優しく、誠実さに溢れる
話し方を心がけましょう!

夫婦会議をする


この夫婦会議は、
私のところは会議擬きな感じのモノをしています。
最初に書いた
「私に不満ある?」
と聞くのがそうですね。

お互いの気持ちの確認が取れたりするので
おススメです。

やり方は簡単です。
定期で夫婦の話し合いするだけです。
(本当にそのままですね(笑))

しかし、定期で話し合いの場を設けると
いうのはいいことなんです。

話の始めかたも
「では、これより夫婦会議を始めます」
とか硬くする必要はなく
(これはこれで面白そうですが)
「最近調子どう?」
とか軽めでも大丈夫です。

話しやすいようにやりましょう。

相手の最近の調子をきいてあげたり
自分に不満はないかの確認したり
相手に不満を伝える場にしてみたり
日常の会話を楽しんで夫婦仲を深めたり
色々できます!

夫婦にとって良い場になること
間違いなしです!

旦那さんも導入を検討してみては
いかがでしょう(笑)

まとめ

  • 伝えたい不満と感情を整理する
  • 相手が話を聞けるタイミングを狙う
  • 言い返されても言い返さない
  • 話し方は優しく、誠実さの溢れる言い方で
  • 夫婦会議を開く

以上が、妻にうまく不満を伝える5つのポイントでした。

不満を伝える時は勇気がいるものですよね。
「喧嘩になったらどうしよう…」
「伝わるか不安だ」
と思いますよね。

私も旦那に不満を伝える時は
いまだに緊張してしまいますし(汗)

しかし、ここで5つのポイントを
覚えたあなたは大丈夫です!

うまく不満を伝えて喧嘩を回避できるようになります!

不満を上手に伝えあって快適な夫婦生活を送れるように祈ってます!