コミュニケーション

赤ちゃんへの接し方がわからない…3つの遊び方と毎日の接し方を紹介

「赤ちゃんと二人きりだと
どう接していいかわからない…。
自分の子どもなのに大丈夫かな…」

パパが仕事に行っている間や、
ママの外出中を頼まれたりで
赤ちゃんと二人きりになったら
どう接していいわからない人結構多いんです。

赤ちゃんのお世話はできるけど、
それ以外で起きている時間は
何をしたらいいのか…。

私は現在妊娠中の身なので
赤ちゃんのお世話の仕方はもちろん
どう接していくべきなのか色々調べていました。

なので、赤ちゃんとの3つの遊び方と
毎日の接し方を紹介します!

赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃんとどう一緒に遊んだら
いいのか悩んでる人多いですね。

主に3つの遊び方があります。

  1. ママ・パパの声や体を使った遊び
  2. おもちゃを使った遊び
  3. 自然と接する遊び

では、一つずつ紹介していきますね!

ママ・パパの声や体を使った遊び

赤ちゃんは親の声を聴くとうれしく思います。

童謡を歌ったりして声を聴かせると
赤ちゃんをリラックスさせることが
できます。

体を使ったスキンシップは
赤ちゃんの体をくすぐってあげたり
膝の上にのせて揺らしてあげたりが
良いですよ!

私はよく高い高いをしてもらっていた
記憶があります。

ただ父親の身長が高かったので
勢いあまって天井にぶつかったことも
あるので要注意です!(笑)
(小さかったのにいまだに覚えてます)

おもちゃを使った遊び

おもちゃはなんでも大丈夫です。

音が鳴るものやパズル、手作りの簡易おもちゃなど
赤ちゃんが興味を持ったもので遊ばせましょう

そして、パズルが上手に出来たら
「○○ちゃん上手にできたね~」
など声掛けしてみましょう。

(すごく集中しているときは
そっと見守りましょう)

自然と接する遊び

自然と接する遊びは、
お散歩や日向ぼっこなど
自然物と触れ合って遊びましょう

お散歩のときなど
「お花が綺麗だねー」や
「お日様暖かいねー」など
自然物を使ってコミュニケーションを
取っていくと赤ちゃんも興味を
持ちやすいです

普通のお散歩でも赤ちゃんからすると
楽しい遊びになります!

毎日に変化がなくても大丈夫

毎日同じことの繰り返しで、
赤ちゃんへの刺激不足にならないか
心配に思っている人いますよね。

赤ちゃんにはたくさんの刺激を与えて
発達を促した方がいいという
話もありますが、
気にしなくて大丈夫です!

何故なら、小さいうちは刺激を
沢山与えても処理しきれないのです。

刺激を与えようと色々やってみても
赤ちゃんが興味を示さない事があります。

これは別の興味持ったことの
情報を処理しようとしている最中だったりします。

そんな時に無理やりほかの
情報を与えても、かえって刺激を
妨げてしまうこともあります。

ゆっくり落ち着いて赤ちゃんを観察してみて
何かに関心を持っているようなら見守りましょう!

また、同じことを繰り返すというのは
大事なことなんです。

同じことを繰り返すことで
赤ちゃんは学習して
「コレ」が終わったら「アレ」が
始まるんだと先を見る力を身に着けていきます

刺激を与えなきゃと焦らなくて大丈夫です。

日々に無理やり変化を付けて
頑張らなくても大丈夫です。

赤ちゃんは着実に周りからの
僅かな刺激を楽しんだり、
学習していたりします。

声掛けはママ・パパにするのと同じで大丈夫

赤ちゃんに声掛けをするときに
よく見る
「上手に出来ましたねー!」
などテンションを上げた声掛けが
苦手という人少なくないんです。

「テンションを上げるのがそもそも苦手…」
「なんだか恥ずかしい…」
など理由は様々です。

赤ちゃんに話しかける時は
テンションを上げなきゃいけない
みたいな風潮があってさらに辛いと思っちゃい
ますよね。

でも、無理にテンション上げる必要は
ないんです!

自然にママ・パパや親に話しかける感じで
「おはよう」とか
「ご飯の時間だよー」とかで
大丈夫です。

短い単語でもいいんです。

ママ・パパの口から自然に出る言葉
いいんです。

ちょっと違うんですけど、
私は胎教というのに興味を持って
始めたのですが
「なんか気恥ずかしい…」
思ってそんなにやらなくなったんです。
(絵本の読み聞かせとかハイテンションで
話しかけたりとかしてました)

それで、お医者さんに相談したら、
「普段旦那さんと話すような感じで
いいんですよ。気張ってると疲れちゃうでしょ?」
と言われてからは
「おー元気に動いてるねー」とか
「ママまだ眠いから一緒に寝ようよ…
(激しくお腹を蹴られてる)」
など普通のテンションで話しかける
ようになりました(笑)

ママ・パパが疲れたりしちゃうと
良くないので自然体で話しかけましょう!

まとめ

  • 赤ちゃんと遊びではやおもちゃ、お散歩など
    簡易の物で大丈夫!
  • 毎日同じことの繰り返しでも大丈夫!
    赤ちゃんはきちんと刺激を取り入れて成長中!
  • 声掛けは気張らず自然体で大丈夫!

以上が、赤ちゃんとの接し方でした。

初めての赤ちゃんだと
接し方がわからなくてもやもやしてしまったり
しますよね。

でも、大丈夫です!

最初から赤ちゃんとの接し方が
上手な人の方が珍しいんです。

周りのママやパパが上手に
接しているように見えても
実は手探り状態で必死だったりします。

今抱えているもやもやも
赤ちゃんが大きくなった頃には
いい思い出になってたりします。

私の母親がそうで
「赤ちゃんの頃は苦労したわー。
どうしろってんだ!って毎日もやもやしてたわ(笑)」
笑いながら話してくれます(笑)

今と違って手軽に情報が入らなかったので
苦労したみたいです(汗)

この記事が赤ちゃんと過ごす時間の参考になれば幸いです!